20歳の私は、1人暮らしをしていますが正直生活が苦しい状況です。原因は、給料の安さで転職を考えているほどです。

そんな時、友人女性から面白いアプリがあると紹介されます。【パパ活アプリ】という、私にとって初めて聞く名称です。

友人パパ活について問うと、「登録して男性と合ってデートすれば、お金を頂けるアプリだよ」と、教えられました。

はじめて聞いたときは援助交際かと思い、焦ったことを覚えています。

そんなわたしに友人は、「いや、援助交際は、エッチしてお金を頂けるけど、パパと会うアプリは食事やデートだけでも頂けるよ」と。

お金に困っていた私は、パパ活アプリに興味を持ってしまいます。

数日後、友人から教えられたアプリを開いて登録をした私。女性は無料なので、気持ち的には不安は少ない感じ です。

また、このアプリは、動画に自分を載せてやり取りしていくため相手を選びやすいのが特徴でした。私は、少しでも自分をよく見せるためメイクを上手に行ってアップしました。

「こんな私でも、興味を持ってくれる男性いるかしら?」

と、思いながら男性からのアプローチを待ちます。登録してから2時間ぐらい経過した頃、ある男性からメールが届きました。

メールには、自己紹介や挨拶などが載っていて好感を持ったものです。相手の男性は、40歳でITの会社で社長をしている人物になります。

顔は、芸能人で言うと「高島政伸」さんと似ている感じです。私は、この社長とアプリでやり取りをする事になります。

数回やり取りをする中で、社長に興味を持つ私。「会って食事しようよ。小遣い3万円挙げるから食べたいモノ言って」と、社長は私を誘って来たので小遣いに惹かれ、

「うん。会ってみたい。食べたいモノは焼肉」と、正直に伝えました。

その後トントン拍子に話が進み、私はIT社長と会う事になります。正直こんなに簡単にパパ活が成功するとは思ってもいませんでした。

お小遣いGETで、イケメンパパと朝まで楽しいひとときを過ごせた

デートの夜、私は、緊張しながらOO駅前に行くと、IT社長は待っていました。ベージュのジャケットにジーパンを着用していて、高島政伸さんの顔とは少し似ている程度です。

お互い軽い挨拶を済ますと、IT社長の案内で焼肉店へ行き、お酒を飲みながら楽しいひとときを過ごしました。

最初こそ緊張していましたが、パパがとても気さくで、女性慣れしている雰囲気でした。そのためすぐに緊張も解け、笑顔で自分の事を話しているわたしがいました。

IT社長は、従業員は10人ほどしかいないですが、年商は10億円売り上げているそうです。

給料を問うと、「 年収は、1000万円ぐらいかな 」と、教えてくれました。私は焼き肉を食べながら、テレビなどの話をしていると意外と楽しくなります。

「これ食べたらバーに行こうよ」と、IT社長から言われる私。

軽くうなずくと、焼き肉店からバーへ移動しました。私はワインを頼みIT社長はウイスキーの水割りを飲みます。

3杯ほど飲んだ私は、ほろ酔い気分になっているようです。「この後、どうする?ホテルで休憩しようよ」と、IT社長は、ホテルに誘って来ました。

私は少しでも多くの小遣いを頂きたいため、バーから出ると2人でラブホテルへタクシーで行きます。

1軒のラブホテルへ行き、部屋に入るとIT社長は

「はい。約束の5万円」
と、言って私にお手当として5万円を渡してきました。初めて利用したアプリで、すぐにお金がGET出来た事に感動

女性は、やっぱりお金に弱い生き物らしく体は、素直にIT社長にゆだねてしまいます。結局、IT社長と私は、朝までラブホテルでエッチを行い、パパ活を最高に楽しみました。

元々、私は性欲も強めでエッチは好きな方なので拒否する理由もありません。ホテルから出る時、IT社長から

「昨日は、楽しかったね。また会ってくれる?」と言ってきました。

「次は奮発するからね」と、始めてにも関わらず太パパを手に入れることができたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です