パパ活には危険があることを自覚しましょう。パパ活は 援助交際と違って体の関係が ありません 。

実は体を売っている子もいたけど、私はしませんでした。 それでもお金を一杯もらって楽しかったです。

体を求めてくる男ばかりなので、犯罪に巻き込まれることもある危険性なものでsもあります。

でも、 自分の身を自分で守れば そういう 危険を乗り越えられます。 そして楽しむことだってできます。実際に私のパパ活がそうでした。

大学で、パパ活をやってるのは結構居ると聞いていたのですが、確かめてみると思っていたより本当にかなりいて、10人に1人位の割合 でした。

パパ活をしている子は、ファミレス でコツコツとバイトしている子よりもよっぽど楽して お金をいっぱい稼いでいました。

しかも私よりブスな子です 。私だったらもっといっぱい稼げるし、 会話を盛り上げる自信があるから 体を売らなくても お金稼げるなぁ、と思っていました。

お金をくれる人 つまりパパとどうやって知り合うかというと 専用のアプリを使います。

パパ活 専用のアプリというのが沢山あって、登録してパパ候補から連絡を貰い、 その中からお金を多くくれそうなパパ、安全そうなパパを選んでゆきます。

そういうおじさんと二人で会うことに危険性を感じないわけではなかったです。実際に危険な目に遭いました。だけどここで言っておきたいです。

そういった危険性を含めて楽しむのが、近頃のパパ活であるということを。

安全だけど退屈なバイトでこき使われていてもいいなら、やらなければいいのです。しかし、自分一人の力で危険な海を泳ぎきったときの達成感は最高です。頭を使えば、パパ活でそれを味わえます。

初めてのパパ活を前にして、私は高校時代のオタク気味の同級生男の子に頼んで、スタンガンを用意してもらっていました 。オタク狩り対策として、その男の子がスタンガンを持ち歩いていたのを覚えていたからです。

ただ女の子に頼まれごとをされたのが嬉しいというだけで、オタク男子は直ぐに準備してくれました。高校卒業後は引きこもりということで、その親からも感謝されました。

目当ては体なのにきれいごと言うパパ。そっちの思い通りにはならないよ

パパの年齢は高い方が、 食事だけのパパ活でも沢山のお金が貰えると聞いていましたが、 やっぱりおじいさんじゃ嫌だな、と思いました。

それで、メッセージをくれたパパ候補の中から、三十歳のお医者さんに決めました。写真の顔は結構イケメンで、それでいて腕力はなさそうに見えたからです。

メッセージで、食事だけで体の関係は無し、とハッキリと伝えておきました。そのパパが受け入れてくれたので、赤坂のしゃぶしゃぶ屋で食事をすることにしました。

実際に会ったパパは物腰が柔らかで、しゃぶしゃぶを食べながらの会話は知性が感じられるものでした。

パパ活っていいものだな、と本当に思いました。2件目はバーでお酒を飲みました。

終電までに帰りたい、と言うと、 駅まで送ってくれることになりました。私がよく知らない街で、パパは私の手を握って繁華街から離れてゆきます。やっぱり。

体の関係はしない、と言っていたのに連れて行かれた場所はホテル街でした

「5万」パパはそう言って強引にホテルへと連れ込もうとします。腕力はないけどやっぱり男なので、私は引きずられてゆきました。

それで、私は男 の手に スタンガンの電流を最大にして押し付けてやりました。
男は一瞬悲鳴を上げ、それから地面に崩れ落ちました。

死んだかなー、と思いましたが、小さな声で呻いていたので大丈夫だと思います。「ざまあみろバカ」と叫んで男を蹴り飛ばし、私はその場を走り去りました。

パパ活という言葉が巷でもよく聞かれるようになって、沢山のパパと女の子が参加し始めたので、パパ活でもらえるお金の相場も相手を思いやる倫理観も低下しています。

けれど私は、自分が襲われても大丈夫なように武装しているので 、 相場が落ちてきてお手当が少なくても、もらえなくても、とりあえず食事はご馳走してもらえるパパ活を今でも楽しんでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です