私がパパ活を始めたのは、お小遣い稼ぎがしたかったからです。元々人と話すのは好きですし、人見知りもしない性格だったので、私には合っているのではないかと思っていたのです。

ネットでパパ活の事を知って、早速登録してみる事にしました。さすがに体の関係まで行くのは抵抗があったので、デートでお茶したり出かけるぐらいなら良いかな、と思っていました。

けっこう軽い気持ちだったので、大金は求めていませんでした。5000円ぐらい貰えれば最高だと思っていました。

そんな時に出会ったパパが、aさんという人でした。パパは40代で、商社マンの方でした。

すこし髪の毛が薄くて、中年太りした、いかにもおじさんという雰囲気でした。
ですが、その方の纏う空気はとても優しくて、会った瞬間緊張が抜けていくのが分かりました。

「あそこのカフェでいい?」と誘って下さり、さっそくパパ活が始まりました。私自身、父親以外の人とこうして話すのは初めてで、最初は戸惑っていました。

つまらなくないかな、愛想つかされないかな、と思っていたのです。しかし、彼はとても優しく、それでいて楽しそうでした。

私が世間知らずで、おバカな発言をしても、笑ってくれました。私は友達の間でも、ボケに回る方なので、こうして笑ってくれる人の方が好きなのです。

aさんとの時間はあっという間に過ぎて行きました。カフェには3時間ぐらいいたと思います。

日が暮れていたのをみて、aさんの方から「そろそろ出ようか」と言われました。特別派手な事をしたわけでもありません。

一緒にカフェに行ってお茶をして、くだらない話をしただけ です。これでお金をもらえるなんて、なんて有難い事なのだろうと思いました。

私ばかり話していて大丈夫だったかと思ったのですが、aさんは嬉しそうでした。

お小遣い稼ぎにパパ活をスタート!最高のデートとは?

カフェで話をしてから、少し町の中を歩きました。手を繋ぐとかくっつくことはせずに、ただぼんやりと話をしたのです。

パパはほとんど受け身で、私の話を聞いてくれました。ですが、私の話はマシンガンのように止まらないので、だんだん申し訳なくなったのです。

彼の方に話を振ると、仕事のことや趣味の話をしてくれました。お互いに限りなくプライベートな話までは踏み込みませんでした。

無意識なのかもしれませんが、それがとても丁度良かったです。彼の仕事の話はやはり難しく、適当に褒めることしか出来ませんでした。

それをわかっているのか、彼の方から何か言って来ることはありませんでした。帰りのタクシーに乗ろうとした時のことです。

aさんの方から「ありがとう」と言われ、封筒を渡されました。これがパパ活での報酬かな、と思い、「こちらこそありがとうございました」とお礼を言いました。

別れた後にタクシーの中で中身を確認したのですが、これには本当に驚きました。

まさか3万円も入っている とは思わなかったのです。多くても1万円ぐらいだろうと思っていたのですが、aさんは最初から用意してくれていたのか、すっと渡してくれました。

本当に良かったのかと後ろめたい部分もありましたが、感謝の言葉しか出て来ませんでした。

もしまたら会う機会があればいいな、と思います。パパ活というと、綺麗で美人で、モデルのような子がやっていると思っていました。

実際、そういった子と会う方が、パパとしても楽しいのではないかと思っていたのです。

ですが、全然違っていました。バカ丸出しで、おしとやかさもない私でしたが、こうして喜んでもらう事ができました。

自分の楽しい事で喜んでもらうというのは、とても嬉しいものです。パパ活はとても楽しくて、面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です